FC2ブログ
天乃美音 -mio amano-
http://coelestis.blog65.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。 (レイチェル・カーソン)
2014-05-27 Tue 10:35
こんにちは、いつも唐突で申し訳ありません。
ちょっと心に植わった名言をたまたま見つけたので上がりました。
名言って世の中沢山あるのですが、自分の魂の食べもの言葉はそうそう出会うわけでもないので。うーん、久しぶりに目からウロコでした。
今日が没後50年らしいのですが、私この方を存じ上げませんでした。・・・すいません;
ちょっと書かれた本読んでみたいなぁ。
この方は本当の愛と美を知ってる人なんだろうな。だから国を超えて沢山の人から共感されるんだろうと思う。
そしてもう1つレイチェルの名言を。


「地球の美しさと神秘を感じ取れる人は、科学者であろうとなかろうと、人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれることは決してないでしょう。」

レイチェル・カーソン
Rachel Louise Carson


(プロフィール)
1907年 アメリカ合衆国ペンシルバニア州生まれ。
幼少時から作家を志す。学業の成績は優秀で大学で遺伝学を学ぶ。女性が科学者を目指すことが珍しい当時、男子学生の中に紅一点という状況で大学院に進む。
博士課程終了後はアメリカ連邦漁業局に勤務。1962年、「沈黙の春」を発表。環境問題意識の低い当時、啓蒙活動に取り組む。
その他の著書には、「感性の森」「センス・オブ・ワンダー」がある。
1964年、ガンにより死去。
スポンサーサイト
別窓 | 魂の食べ物。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天青石 -celestite- |
copyright © 2006 天青石 -celestite- all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。